baba rhythm's website

 三十路一年生、感謝からのスタートです。

2012年4月22日、『babaリズムの学校~三十路一年生~』。
無事、終了いたしました!

ライブを御覧くださった皆様、応援してくださった皆様、
このイベントに参加していただいた7人のミュージシャンの皆様、
チケット受付やCD販売等、当日の私のお世話をしてくれた、としちゃん、
配布物、CDジャケット作りを手伝ってくれた、私の友人Eさん、
新潟からわざわざ駆けつけてくれた旧友、のん、
イベント企画段階から、ライブ内容・宣伝・当日までの流れ・等など、
ずーっと私を支えてくれたチェリストnanami!
本当にどうもありがとうございました!

そして、結構無理のあるタイムスケジュールにも関わらず、
企画~当日までいろんな相談にのってくださり、
心地よい空間を提供してくださったネクストサンデーの皆様!
やっぱり好きです!大好きです!

今回のライブは、もっとちゃんと振り返っておきたいのですが、
まずは、皆さんにお礼と感謝の気持ちをお伝えします。

三十路になって、素晴らしいスタートを切ることができました。

たくさんの方々の愛情に支えられていることを、

こんなタイミングで、こんな形で実感できたことを、

心からありがたく思っております。

どうぞ、これからも、

どうか、どうか、よろしくお願いいたします。

三十路一年生 babaリズム

ライブ後の、おそろしくオモシロ楽しい打ち上げから帰宅し、
私は発熱しました。
今日などは、喉の痛みまで。
そう、風邪をひいたようです。
興奮による一時的な発熱ではなかった。
あぁ、ライブが終わってからで良かった。
上手い具合に、体が風邪を止まらせていてくれたみたいです。
体にも感謝します。

今回は、一日限りのバンド、The Floating Planetsのメンバーから、
サプライズケーキの演出もいただきました。
ありがとう、こんなの初めて。
こういった場面の主役という役割に動揺しつつも、心からうれしい、という本心。

それとはまた違った動揺と驚きと喜びを味わわせてくれたのが、
新潟にいる両親からのメッセージ付き花束のプレゼント。
当日、リハの最中に「なんか、贈り物届いたんですけど…。」というお店スタッフのまさこちゃん。
私は本当にびっくりしてしまいました。
タイミングもばっちりとは…。
私の両親もまた、サプライズにかけてやり手だったようです。

こんなに花束やプレゼントをいただいたのは初めてです。
皆さんどうもありがとうございます。
私と言えばお酒、のイメージは皆さん共通だったのかもしれませんね。
日本酒、ビール、ワインは、あとでゆっくり楽しみます。