baba rhythm's website

君を探す

作詞・作曲:babaリズム

気が付けば夜はもう明けて 空気はしだいに薄まった
押しつぶされてしまわぬように そっとさりげなく息を止めた
傷つけられることなどない

飛行機雲と煙混ざって 東の方へ流れていった
目を閉じたまま空に向かって両手を広げていた君は
今までよりも遠く見える

君ともっと笑って 目と目を合わせてるよ
手の平強く握って願うよ「こわさないで」と
まだ答えなんかはなくて こうしてただ笑って
唄いながら時々うつむく君を
何度も そう 何度も見てる

気持ちが伝わるのを怖れ なるべくゆっくり歩いてた
時間はとっくに過ぎ去って 手遅れだって諦めても
君はここで待ち続けてた

海の彼方見つめて 砂浜じっと座って
聞こえる波の向こうに 言葉を見つけたいけど
でも答えなんかはなくて すぐに悲しくなって
まぶしくそうな眼差しで 手を振る君を
何度も そう 何度も探すよ

大事なこと見落とさないように
ひとつずつ抱きしめて確かめているよ

君ともっと笑って 目と目を合わせてるよ
手の平強く握って願うよ「こわさないで」と
まだ答えなんかはなくて こうしてただ笑って
唄いながら時々うつむく君を
何度も そう 何度も見てる

babaリズムのコメント
「これもメロディは奄美大島でほとんどできてました。 その頃は奄美の言葉「ネリヤカナヤ(海の彼方の理想郷)」を思い浮かべてました。 結果的には違った内容の歌詞になりましたが。 私としては「君」は自分だったり、自分が作った曲だったりを指しているつもりです。 『babaリズムの森』の中では一番最初に出来た曲です。」